-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-19 21:57 | カテゴリ:ビジネス
ジャンル:ビジネス テーマ:ビジネスブログ
売上よりも利益(キャッシュ)重視の経営を!

売上や利益に伸び悩んでいる経営者の皆様、ビジネスモデルに問題があるのか?

それとも営業方法や戦略が貴社の商品(サービス)にあっていないのか?もう一度、立ち止まって考えてみませんか?

従業員の問題以前に会社自体のビジネスモデルや戦略に問題があるはずです。

まずは、貴社に合ったビジネスモデルのフローを構築し、実践出来る体制にする事です。

もちろん、理想では無く現実的な利益構造のもとに、出来るだけシンプルで分かり易くする事です。

その為には経営者自らがビジネスモデルとそれを実行する為のフローを考えなけらばなりません。

例えば販売力のある営業マンがいたとします。

その営業マンへの給与・売上・利益・経費全てを計算して、会社にもたらす最終利益は幾らありますか?

1度計算してみてください。

もしその営業マンがもたらす年間最終利益が、その営業マンの人件費の1/10程度だとしたら、

その売上自体を考え直す事も必要でしょう。

電話代や社会保険など細かく計算したら、おそらく1/10程度の最終利益ではトントンもしくはマイナスのはずです。

確かに、資金繰りの概念から考えると売上(売掛)の減少によって、

お金が回らなくなり資金繰り難に陥る可能性があります。

しかし、売上や利益が減少している企業であれば、ビジネスモデルの修正と売上(利益)の確保を並行して

動かなければなりません。

そうしないと、いずれ銀行融資次第によって経営継続が困難になってしまいます。

上場企業などでは、従業員1人に対しての経費がしっかり計上されていますから、

どんなに売上をあげても利益ベースで判断します。

上場企業の様に細かく管理する必要は無いでしょうが、儲ける仕組みが構築されていないと

「売上は増加しているが利益がない」なんて事になりかねません。

PR

資金繰りの悩みを解決!
会社運営に必要なパートナー選び!
資金繰り・経営分析を月額21.000円から!
ヴェン.カンパニーの中小企業支援サポート!
相続・税務の解説サイト
経営者のビジネスサテライト
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://keieisearch.blog71.fc2.com/tb.php/30-f12d8e5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。